TOP - C言語 - ctype.h - isalnum()

引数で与えられる文字のテストを行います。
引数がASCII文字のアルファベット(isalpha()が真)、もしくは数字(isdigit()が真)の場合は真を返します。

戻り値1 = isalnum(引数1)

戻り値1 : int
          引数1をテストした結果が真 : 0以外
          引数1をテストした結果が偽 : 0
引数1   : int
          テストの対象となるASCII文字

(例)
#include <stdio.h>
#include <ctype.h>

int main ()
{
    int c;

    printf("isalnum()結果\n");
    for (c=0x20; c<0x80; c=c+8)
    {
        if (isalnum(c))
        {
            printf("「%c」は真です\n", c);
        }
        else
        {
            printf("「%c」は偽です\n", c);
        }
    }

    return 0;
}

実行結果
isalnum()結果
「 」は偽です
「(」は偽です
「0」は真です
「8」は真です
「@」は偽です
「H」は真です
「P」は真です
「X」は真です
「`」は偽です
「h」は真です
「p」は真です
「x」は真です


Copyright(C) 2006-2012 CLAYPOT. All Rights Reserved.