TOP - C言語 - stdio.h - setlinebuf()

ファイル・ポインタで参照されるストリームのバッファリングを設定します。
setvbuf()を下記の引数設定(2, 3, 4番目)で呼び出した場合と等価となります。
setvbuf([fp], NULL, _IOLBF, 0)


戻り値1 = setlinebuf(引数1)

戻り値1 : int
          実行が成功した場合         : 0
          エラーが発生した場合       : 0以外
引数1   : FILE *
          ファイル・ポインタ

(例)
#include <stdio.h>

int main ()
{
    FILE *fp;
    char s[10] = "";

    fp = fopen("test_fopen_w.txt", "w");
    fputs("12\n34\n56789", fp);
    fclose(fp);

    fp = fopen("test_fopen_w.txt", "r");
    setvbuf(fp, NULL, _IONBF, 0);
    fscanf(fp, "%3s", s);
    printf("バッファリングなし --- 読み取り結果(3文字, バッファ消去前) : %s\n", s);
    printf("バッファリングされたデータを消去 : %d (成功 = 0)\n", fpurge(fp));
    fscanf(fp, "%s", s);
    printf("バッファリングなし --- 読み取り結果(バッファ消去後) : %s\n\n", s);
    fclose(fp);

    fp = fopen("test_fopen_w.txt", "r");
    setlinebuf(fp);
    fscanf(fp, "%3s", s);
    printf("バッファリングあり --- 読み取り結果(3文字, バッファ消去前) : %s\n", s);
    printf("バッファリングされたデータを消去 : %d (成功 = 0)\n", fpurge(fp));
    fscanf(fp, "%s", s);
    printf("バッファリングあり --- 読み取り結果(バッファ消去後) : %s\n\n", s);
    fclose(fp);

    return 0;
}

実行結果
バッファリングなし --- 読み取り結果(3文字, バッファ消去前) : 12
バッファリングされたデータを消去 : 0 (成功 = 0)
バッファリングなし --- 読み取り結果(バッファ消去後) : 34

バッファリングあり --- 読み取り結果(3文字, バッファ消去前) : 12
バッファリングされたデータを消去 : 0 (成功 = 0)
バッファリングあり --- 読み取り結果(バッファ消去後) : 12


Copyright(C) 2006-2012 CLAYPOT. All Rights Reserved.