TOP - C言語 - 演算子 - 単項+ ー

単項−は符号を反転させます。
単項+はそのままの符号となります。

(例)
#include <stdio.h>

int main ()
{
    int   n1 = 10;
    float f1 = 2.0;

    printf("%d\n", n1);          // 演算子無し
    printf("%3.1f\n", f1);

    printf("%d\n", +n1);         // 単項+
    printf("%3.1f\n", +f1);

    printf("%d\n", -n1);         // 単項ー
    printf("%3.1f\n", -f1);

    return 0;
}

実行結果
10
2.0
10
2.0
-10
-2.0


Copyright(C) 2006-2012 CLAYPOT. All Rights Reserved.