TOP - C言語 - 関数 - return

関数からの戻り値を呼び出したプログラムに返します。

return 式1;

式1 : 結果が戻り値となる式
      式1が無い場合は戻り値は返されない

(例)
#include <stdio.h>

void test1(void)
{
    printf("test1 : 戻り値無し\n");
    
    return;
}

int test2(int n)
{    
    return n * 2;
}

double test3(double f)
{
    return f * 2.0;
}

int main ()
{
    test1();
    printf("test2 : 戻り値が整数 : %d\n", test2(2));
    printf("test3 : 戻り値が浮動小数点数 : %f\n", test3(2.0));

    return 0;
}

実行結果
test1 : 戻り値無し
test2 : 戻り値が整数 : 4
test3 : 戻り値が浮動小数点数 : 4.000000


Copyright(C) 2006-2012 CLAYPOT. All Rights Reserved.