TOP - C# - プログラムの起動方法

(1) コードの作成方法
エディタを利用してコードを作成し、コマンドプロンプトを利用してコンパイルする方法もありますが、ここ
では、無料で利用可能な、[Visual Studio 2008 Express Edition]を紹介します。

オフラインでのインストール(DVD使用)
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/maninstall/2008/

オンラインでのインストール
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/

[Visual C# 2008]を起動 → [ファイル] → [新しいプロジェクト]
→ [コンソール アプリケーション]を選択(任意のプロジェクト名)

上記の操作で作成された、[Program.cs]にコードを記述すると、コマンドプロンプトで動作するアプリケー
ションとなります。

(2) コードのコンパイル方法
[ビルド] → [ソリューションのビルド]でexeファイルが作成されます。

(例)
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace test001
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            Console.WriteLine("test");      // ← この部分にコードを追加
                                            //    (他はVisual C#により自動生成)
        }
    }
}
実行結果(ビルドしたexeファイルをコマンドプロンプトで実行)
プロジェクト名 : test001
C:\***\***\test001\test001\bin\Release>test001      ← exeファイルのパス
                                                       (***部分は環境により異なる部分)
test                                                ← 実行結果

Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.