TOP - CSS1(Cascading Style Sheets, level 1) - important

スタイルを指定する際、プロパティの後に "important" を追加することにより、上書きに対する優先順位を上げることが可能です。
区切り子には "!" が使用されます。

(例)
<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<TITLE>テスト</TITLE>
<STYLE type="text/css">
<!--
BODY {font-size: 8px}
H1 {font-size: 10pt ! important}
H1.test {font-size: 16pt; font-style: italic}
H2 {font-size: 10pt}
H2.test {font-size: 16pt; font-style: italic}
-->
</STYLE>
</HEAD>
<BODY>
<H1 class="test">
[important]を指定すると上書き指定を回避できます。この行は本来の&lt;H1&gt;タグの指定である10ptで表示されます。
</H1>
<BR>
<H2 class="test">
[important]を指定しない場合は、後から指定されている16ptで表示されます。
</H2>
</BODY>
</HTML>


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.