TOP - HTML(HyperText Markup Language) - <SCRIPT>

・タグの機能
タグの間に記述された内容は、スクリプトのコードと解釈されます。


・構成
内容モデル宣言概要
宣言内容 : CDATA(スクリプトのコード)

開始 → 不可
終了 → 不可

DTD(注1)での記述

<!ELEMENT SCRIPT - - %Script; -- script statements -->

<!ENTITY % Script "CDATA" -- script expression -->


・属性
charset
属性機能 : スクリプトをエンコードする際に使用した文字セット
省略時値 : IMPLIED

type
属性機能 : スクリプト言語の種類を指定
省略時値 : REQUIRED

解説
スクリプトの種類がJavaScriptの場合、
type="text/javascript"
と指定します。

src
属性機能 : スクリプトのコードが別ファイルの場合、そのURLを指定
省略時値 : IMPLIED

defer
属性機能 : スクリプトの実行をドキュメントの表示完了後に遅延
省略時値 : IMPLIED

解説
この属性は、属性名及びviを省略して記述します。(属性の指定)

event
属性機能 : 将来利用時の予約用
省略時値 : IMPLIED

for
属性機能 : 将来利用時の予約用
省略時値 : IMPLIED

DTD(注1)での記述

SCRIPT要素の属性定義
<!ATTLIST SCRIPT
    charset   %Charset;      #IMPLIED  -- char encoding of linked resource --
    type      %ContentType;  #REQUIRED -- content type of script language --
    src       %URI;          #IMPLIED -- URI for an external script --
    defer     (defer)        #IMPLIED  -- UA may defer execution of script --
    event     CDATA          #IMPLIED  -- reserved for possible future use --
    for       %URI;          #IMPLIED  -- reserved for possible future use --
>

Charset(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % Charset "CDATA"
    -- a character encoding, as per [RFC2045]
-->

ContentType(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % ContentType "CDATA"
    -- media type, as per [RFC2045]
    -->

URI(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % URI "CDATA" -- a Uniform Resource Identifier, see [URI] -->


・サンプルコード(1)
HTMLドキュメント内にJavaScriptのコードがある場合

<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<TITLE>テスト</TITLE>
<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
    function btnclick()
    {
        alert("テスト");
    }
//-->
</SCRIPT>
</HEAD>
<BODY>
<INPUT type="button" name="button1" value="テスト" onClick="btnclick()">
</BODY>
</HTML>


・サンプルコード(2)
別ファイルにJavaScriptのコードがある場合

test.html

<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<TITLE>テスト</TITLE>
<SCRIPT type="text/javascript" src="test.js">
</SCRIPT>
</HEAD>
<BODY>
<INPUT type="button" name="button1" value="テスト" onClick="btnclick()">
</BODY>
</HTML>

test.js

function btnclick()
{
    alert("テスト");
}



注1)
DTD関連の記述はhttp://www.w3.org/TR/1999/REC-html401-19991224/strict.dtd より引用しています(着色部)。
上記のDTDが最新のものとは限りません。
最新版はhttp://www.w3.org/TR/html4/strict.dtdを確認してください。


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.