TOP - JavaScript - 配列

配列はArrayオブジェクトのコンストラクタにより生成されます。
生成された配列の各要素は次のように取り扱います。


名前1[ 値1 ] = 値2

名前1 : 要素に対する操作を行う配列の名称
値1 : 配列の要素の添え字(インデックス)
値2 : 配列の要素として代入される値


(例)
<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
    function btnclick()
    {
        var s = "";

        var a_1 = new Array(1, 2);                     // 2個の要素からなる配列を生成

        s += "生成時のa_1[0] : " + a_1[0] + "\n";
        s += "生成時のa_1[1] : " + a_1[1] + "\n";

        a_1[0] = 5;                                    // 最初の要素の値に5を代入
        a_1[1] = 3;                                    // 2番目の要素の値に3を代入

        s += "変更後のa_1[0] : " + a_1[0] + "\n";
        s += "変更後のa_1[1] : " + a_1[1] + "\n";

        alert(s);
    }
//-->
</SCRIPT>

定義されていない添え字の要素に値を代入すると、配列に要素が追加されます。


(例)
<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
    function btnclick()
    {
        var s = "";

        var a_2 = new Array();                            // 空の配列を生成

        a_2[0] = 1;                                       // 添え字0の要素を追加

        s += "a_2[0] : " + a_2[0] + "\n";

        a_2[100] = 2;                                     // 追加は連番である必要はない

        s += "a_2[100] : " + a_2[100] + "\n";

        alert(s);
    }
//-->
</SCRIPT>


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.