TOP - JavaScript - Array - join()

指定した区切り子で区切られた配列の全要素からなる文字列を返します。


値1 = 名前1.join(値2)

値1   : 配列の個々の要素を値2で指定された区切り子で区切った文字列
名前1 : 配列の名称
値2 : 区切り子 省略の際はコンマが使用される

(例)
<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
    function btnclick()
    {
        var s = "";

        var a_1 = new Array(1, 2, 3);           // 1〜3の3個の数値を要素とする配列を生成

        s += a_1.join() + "\n";                 // 引数が無い場合はコンマで区切られる
        s += a_1.join("_") + "\n";              // 区切り子として"_"を使用する

        alert(s);
    }
//-->
</SCRIPT>


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.