TOP - JavaScript - JavaScriptの記述方法


(1) HTML内にコードを記述する場合

<SCRIPT>タグのコンテンツとして記述します。

(例)
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>テスト</TITLE>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
    function btnclick()
    {
        alert("テスト");
    }
//-->
</SCRIPT>
</HEAD>
<BODY>
・
・
・

(2) 別ファイルとして記述する場合

<SCRIPT>タグのsrc属性にソースファイルのURLを記述します。

(例)

test.html

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>テスト</TITLE>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<SCRIPT type="text/javascript" src="test.js">
</SCRIPT>
</HEAD>
<BODY>
<INPUT type="button" name="button1" value="テスト" onClick="btnclick()">
</BODY>
</HTML>

test.js

function btnclick()
{
    alert("テスト");
}



Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.