TOP - JavaScript - 演算子 - ++ --

++ 及び -- は次のような作用をします。

・変数の前に置いた場合は、値を返す前に変数の値を増加(減少)させる
・変数の後に置いた場合は、値を返した後に変数の値を増加(減少)させる

(例)
<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
    function btnclick()
    {
        var n = 10;

        alert((n++) + " : " + n);       // ++を後ろに付けると値を表示してから加算
        alert((++n) + " : " + n);       // ++を前に付けると値を加算してから表示

        alert((n--) + " : " + n);       // --を後ろに付けると値を表示してから減算
        alert((--n) + " : " + n);       // --を前に付けると値を減算してから表示
    }
//-->
</SCRIPT>


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.