TOP - JavaScript - String - lastIndexOf()

オブジェクトの文字列の中に引数で指定した文字列が含まれていた場合、一致した位置のうち一番大きな値の位置を返します。
一致しない場合は-1を返します。


戻り値1 = 名前1.lastIndexOf(値1 , 値2)

戻り値1 : オブジェクトを文字列に変換した文字列内で、値1の文字列が一致した位置のうち一番大きな値の位置を表す数値
名前1   : Stringオブジェクトの名前
値1     : 検索する文字列
値2     : 検索を開始する位置
          未定義の場合は文字列長さの値とみなし、文字列全てを検索


(例)
<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
    function btnclick()
    {
        var s = "";

        var s1 = new String("abcdefghij");

        s += s1.lastIndexOf("bc", 9) + "\n";
        s += s1.lastIndexOf("fgh", 9) + "\n";
        s += s1.lastIndexOf("aaa", 9) + "\n";
        s += s1.lastIndexOf("hi", 6) + "\n";
        s += s1.lastIndexOf("ij") + "\n";

        alert(s);
    }
//-->
</SCRIPT>


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.