TOP - JavaScript - 変数


変数の宣言

Javascriptの変数は var で宣言してから使用します。

(例)
<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
    function btnclick1()
    {
        var n1;                    // 変数の宣言のみ。結果は未定義値となる
        var n2 = 10;               // 変数の宣言、初期設定で初期値を代入

        var s = n1 + "\n" + n2 + "\n";
        alert(s);
    }
//-->
</SCRIPT>

変数の型

変数には特定の型が無く、数値と文字列どちらでも代入できます。

(例)
<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
    function btnclick2()
    {
        var n1 = 10;                    // 数値を代入
        var s1 = "test";                // 文字列を代入

        var s = n1 + "\n" + s1 + "\n";
        alert(s);
    }
//-->
</SCRIPT>

グローバル変数

関数の中で宣言された変数はその関数の中だけで有効ですが、関数の外側で宣言された変数はグローバル変数となりコード全体に関して有効となります。

(例)
<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
    var n1 = 10;                   // 関数の外で変数を宣言
    var n2 = 20;

    function btnclick_a()
    {
        var n2 = 30;               // 関数の外側の変数と同じ名前で変数を宣言

        alert("n1 = " + n1);       // グローバル変数のため関数の外側で代入された値を表示
        alert("n2 = " + n2);       // 内側で宣言した値が優先される
    }

    function btnclick_b()
    {
        alert("n2 = " + n2);       // グローバル変数の値が表示される
    }
//-->
</SCRIPT>


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.