TOP - Perl - 関数 - printf

フォーマットされた文字列を出力します。
ファイルハンドルの指定を省略すると、現在選択されているものが使用されます。(デフォルトはSTDOUT)

printf 値1 リスト値1
値1       : フォーマットを指定する文字列
リスト値1 : 出力される文字列からなるリスト値

printf ファイルハンドル 値1 リスト値1
ファイルハンドル : 出力先となるファイルハンドル
値1              : フォーマットを指定する文字列
リスト値1        : 出力される文字列からなるリスト値

・フォーマット指定文字
%c : 文字コードによる文字指定
%s : 文字列
%d : 整数
%u : 符号無し整数
%o : 符号無し整数(8進数)
%x : 符号無し整数(16進数)
%e : 浮動小数点数(#.######e+###)
%f : 浮動小数点数

(例)
printf("文字コード指定 : %c%c\n", 48, 49);              # 文字コードによる文字の指定

$a = "test";
printf("文字列 : %s\n", $a);                            # 文字列

printf("文字列(桁数指定・右寄せ) : %10s\n", $a);        # 文字列(桁数指定・右寄せ)

printf("文字列(桁数指定・左寄せ) : %-10s\n", $a);       # 文字列(桁数指定・左寄せ)

$b = 50;
printf("整数 : %d\n", $b);                              # 整数

printf("整数(桁数指定) : %4d\n", $b);                   # 整数(桁数指定)

printf("整数(0使用の桁数指定) : %04d\n", $b);           # 整数(0使用の桁数指定)

$c = -50;
printf("符号無し整数(-50の場合) : %u\n", $c);           # 符号無し整数

$d = 40;
printf("符号無し整数(8進数) : %o\n", $d);               # 符号無し整数(8進数)

printf("符号無し整数(16進数) : %x\n", $d);              # 符号無し整数(16進数)

$e = 10.123;
printf("浮動小数点数(#.######e+###) : %e\n", $e);       # 浮動小数点数(#.######e+###)

printf("浮動小数点数 : %f\n", $e);                      # 浮動小数点数

printf("浮動小数点数(桁数指定) : %6.3f\n", $e);         # 浮動小数点数
実行結果
文字コード指定 : 01
文字列 : test
文字列(桁数指定・右寄せ) :       test
文字列(桁数指定・左寄せ) : test
整数 : 50
整数(桁数指定) :   50
整数(0使用の桁数指定) : 0050
符号無し整数(-50の場合) : 4294967246
符号無し整数(8進数) : 50
符号無し整数(16進数) : 28
浮動小数点数(#.######e+###) : 1.012300e+001
浮動小数点数 : 10.123000
浮動小数点数(桁数指定) : 10.123


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.