TOP - Perl - 関数 - write

指定したファイルハンドルへ、フォーマットで宣言・定義された内容で出力します。

write ファイルハンドル
ファイルハンドル : 出力先となるファイルハンドル

(例)
$data1 = "氏名";
$data2 = "06/11/30";
$data3 = "12:00:00";

# ***** 見出し行 *****
format STDOUT_TOP =
data1      data2      data3
.

# ***** データ行 *****
format STDOUT = 
# 左合わせの10文字幅フィールドを指定
@<<<<<<<<< @<<<<<<<<< @<<<<<<<<<
$data1,    $data2,    $data3
.

write;

open TESTOUT, ">test.txt";                  # ファイルハンドルを指定してファイルに出力
$data1 = "氏名";
$data2 = "06/11/30";
$data3 = "12:00:00";

# ***** 見出し行 *****
format TESTOUT_TOP =
data1      data2      data3
.

# ***** データ行 *****
format TESTOUT = 
# 左合わせの10文字幅フィールドを指定
@<<<<<<<<< @<<<<<<<<< @<<<<<<<<<
$data1,    $data2,    $data3
.

write TESTOUT;

close TESTOUT;
実行結果(画面上)
data1      data2      data3
氏名       06/11/30   12:00:00
実行結果(test.txt)
data1      data2      data3
氏名       06/11/30   12:00:00


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.