TOP - Perl - for

for文は次の書式となります。

for (式1 ; 条件式1 ; 式2) ブロック1
式1       : カウンタ用変数の初期値の設定などループに関する初期化を行う
式2       : カウンタ用変数の増減などループ後の再設定を行う
ブロック1 : 条件式1を評価した結果が真の場合に実行されるブロック
(例1)
for ($i=0; $i<5; $i++)           # $iが5以上になるまでブロック1を実行
{
    # ***** ブロック1 *****
    print "$i\n";
}
実行結果
0
1
2
3
4

(例2)
$i = 0;
for (;;)                         # 全てを省略すると無限ループとなる
{
    if ($i >= 5) {last;}         # 他の条件によってループ終了
    print "$i\n";
    $i++;
}
実行結果
0
1
2
3
4


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.