TOP - Perl - foreach

foreach文は次の書式となります。

foreach 変数1 (リスト値1) ブロック1
変数1     : リスト値1の要素を順に取り出した値が格納される変数
ブロック1 : リスト値1の要素数の回数分実行されるブロック
(例1)
@a = (1, 2, 3);
foreach $b (@a)                 # 配列@aの要素数分ループ
{
    print "$b\n";
}
実行結果
1
2
3

(例2)
@a = (1, 2, 3);
for $b (@a)                     # forでも同じ動作となる
{
    print "$b\n";
}
実行結果
1
2
3

(例3)
@a = (1, 2, 3);
for (@a)                        # 変数1を指定しない場合は$_にリスト値から取り出した値が格納される
{
    print "$_\n";
}
実行結果
1
2
3

(例4)
@a = (1, 2, 3);
for (@a)
{
    print "$_ → ";
    $_++;                         # 配列から取り出した値を変更すると、実際の配列も変更される
    print "$_\n";
}
print "@a\n";
実行結果
1 → 2
2 → 3
3 → 4
2 3 4


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.