TOP - Perl - ヒアドキュメント

<< の後に任意の終端識別子を記述すると、次に識別子が出現する位置までをクォートで囲った場合と同様の処理となります。
クォートの種類は、<< の後の識別子を囲ったものの効果が適用されます。囲わない場合はダブルクォートが適用されます。

(例)
$s1 = "test";

print <<"TEST_1";
この部分を'ダブルクォート'で囲ったのと
同様の出力となる。
$s1\n
TEST_1

print <<'TEST_2';
この部分を"シングルクォート"で囲ったのと
同様の出力となる。
$s1\n
TEST_2

print <<TEST_3;
クォートで囲わない場合は
'ダブルクォート'で囲ったのと
同様の出力となる。
$s1\n
TEST_3

実行結果
この部分を'ダブルクォート'で囲ったのと
同様の出力となる。
test

この部分を"シングルクォート"で囲ったのと
同様の出力となる。
$s1\n
クォートで囲わない場合は
'ダブルクォート'で囲ったのと
同様の出力となる。
test



Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.