TOP - Perl - リスト値

リスト値は、値をコンマで区切って並べたものです。
配列に値を代入をする際にも使用できます。下の例のように"="と","の優先順位の違いからリスト値をかっこで囲みます。

(例)
@test1 = "a", "b", "c";          # かっこを付けないで代入
print @test1 . "\n";
print "@test1\n";

@test2 = ("a", "b", "c");        # かっこを付けて代入
print @test2 . "\n";
print "@test2\n";
実行結果
1
a
3
a b c

リスト値は、代入するターゲットとなる変数の型によって返す値が異なります。
配列の場合は全てのリスト値が配列に代入されますが、スカラー変数の場合は最後の値だけが代入されます。

(例)
@test1 = ("a", "b", "c");          # 配列に代入
print "@test1\n";

$test2 = ("a", "b", "c");          # スカラー変数に代入
print "$test2\n";
実行結果
a b c
c

リストの要素を直接指定することもできます。

(例)
$test = ("a", "b", "c")[1];        # リストの要素"b"を代入
print "$test\n";
実行結果
b


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.