TOP - Perl - 演算子 - ++ --

++ 及び -- は次のような作用をします。

・変数の前に置いた場合は、値を返す前に変数の値を増加(減少)させる
・変数の後に置いた場合は、値を返した後に変数の値を増加(減少)させる

(例)
$a = 0;
print ++$a . "\n";           # 値を増加させてから返す

$a = 0;
print $a++ . "\n";           # 値を返してから増加させる

$a = 10;
print --$a . "\n";           # 値を減少させてから返す

$a = 'a99';
print ++$a;                  # 文字と数字の組み合わせの場合は、それぞれに増加させる
実行結果
1
0
9
b00


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.