TOP - Perl - 演算子 - 代入演算子

代入演算子"="は、右辺値(式)を左辺値(変数・配列)に代入します。
"演算子" + "=" の形式をとる代入演算子は、演算の対象となる右辺の変数を $a、左辺の値を $b とした場合、

$a "演算子"= $b

と記述されるものは

$a = $a "演算子" $b

と記述したものと同様の結果となります。

(例)
$a = 5;                      # 代入演算子により$aに5を代入

$a **= 2;                    # 演算子**=は $a = $a ** 2 の演算を行う
print '=   : ' . "$a\n";

$a = 5;
$a += 3;                     # 演算子+=は $a = $a + 3 の演算を行う
print '**= : ' . "$a\n";

$a = 5;
$a -= 3;                     # 演算子-=は $a = $a - 3 の演算を行う
print '-=  : ' . "$a\n";

$a = "abc";
$a .= "def";                 # 演算子.=は $a = $a . "def" の演算を行う
print '.=  : ' . "$a\n";

$a = 5;
$a *= 3;                     # 演算子*=は $a = $a * 3 の演算を行う
print '*=  : ' . "$a\n";

$a = 10;
$a /= 2;                     # 演算子/=は $a = $a / 2 の演算を行う
print '/=  : ' . "$a\n";

$a = 20;
$a %= 7;                     # 演算子%=は $a = $a % 2 の演算を行う
print '%=  : ' . "$a\n";

$a = "a";
$a x= 10;                    # 演算子x=は $a = $a x 10 の演算を行う
print 'x=  : ' . "$a\n";

$a = 2;
$a &= 2;                     # 演算子&=は $a = $a & 2 の演算を行う
print '&=  : ' . "$a\n";

$a = 3;
$a |= 4;                     # 演算子|=は $a = $a | 4 の演算を行う
print '|=  : ' . "$a\n";

$a = 7;
$a ^= 3;                     # 演算子|=は $a = $a ^ 3 の演算を行う
print '^=  : ' . "$a\n";

$a = 4;
$a <<= 1;                    # 演算子<<=は $a = $a << 1 の演算を行う
print '<<= : ' . "$a\n";

$a = 4;
$a >>= 1;                    # 演算子>>=は $a = $a >> 1 の演算を行う
print '>>= : ' . "$a\n";

$a = 1;
$a &&= 1;                    # 演算子&&=は $a = $a && 1 の演算を行う
print '&&= : ' . "$a\n";

$a = 0;
$a ||= 1;                    # 演算子||=は $a = $a || 1 の演算を行う
print '||= : ' . "$a\n";
実行結果
=   : 25
**= : 8
-=  : 2
.=  : abcdef
*=  : 15
/=  : 5
%=  : 6
x=  : aaaaaaaaaa
&=  : 2
|=  : 7
^=  : 4
<<= : 8
>>= : 2
&&= : 1
||= : 1


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.