TOP - Perl - 演算子 - =〜 !=

パターンマッチや検索置換などで利用されます。
これら2つの結合演算子を使用しない場合は、マッチや置換の対象文字列は$_ですが、この結合演算子を利用することにより変数を変える事が可能です。
=~ はマッチの判定通りに結果を返しますが、!~ は論理的に反転した結果を返します。

(例)
$s_test = "test1 test2";

if ($s_test =~ /test1/)
{
	print $& . "\n";
}

if (!($s_test !~ /test2/))
{
	print $& . "\n";
}
実行結果
test1
test2


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.