TOP - Perl - 演算子 - コンマ演算子

コンマには次の2種類の働きがあります。

・左辺がスカラー値の場合は、コンマの左の値を評価した後結果を捨て、右の値を評価してその値を返す
・左辺がリスト値の場合は、リストの並びの区切りとして働く

(例)
$a = (3, 5);                 # 左辺がスカラー値のため、3を捨てて5を返す
print "$a\n";

$a = (5, 3 + 3);             # 左辺がスカラー値のため、5を捨てて 3 + 3 の結果を返す
print "$a\n";

$a = (print ("5"), 3 + 3);   # "5"を表示した後、3 + 3 の結果を返す
print "$a\n";

@a = (1, 2 + 3);             # 右辺がリスト値のため、1と2 + 3 の両方をリスト値として返す
print "@a\n";
実行結果
5
6
56
1 5


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.