TOP - Perl - 演算子 - && ||

式の真偽値をテストします。&&と||は次のような作用をします。

&& : 左の値が偽であれば左の値、真の場合は右の値を返す
|| : 左の値が真であれば左の値、偽の場合は右の値を返す

(例)
print (((1 < 0) && (5 > 0)) . "\n");              # (1 < 0)は偽のため偽を返す

print (((1 > 0) && (5 > 0)) . "\n");              # (1 > 0)は真のため(5 > 0)の結果を返す

print (((1 < 0) || (5 > 0)) . "\n");              # (1 < 0)は偽のため(5 > 0)の結果を返す

print (((1 > 0) || (5 > 0)) . "\n");              # (1 > 0)は真のため真を返す

print (((1 > 0) || print "test" . "\n") . "\n");  # (1 > 0)は真のため続くprintは評価されない

print (((1 < 0) || print "test" . "\n") . "\n");  # (1 < 0)は偽のため続くprintが評価実行され、
                                                  # その結果が真として返される
実行結果
     ← 偽のため表示無し
1
1
1
1
test
1


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.