TOP - Perl - 特殊変数 - $|

0以外の値をセットするとwriteやprintを実行した際にバッファをフラッシュするようになります。

(例)
print "aaa";
sleep(1);
print "bbb";
sleep(1);
print "ccc";
print "\n";          # 行バッファリングされるためここで初めて表示される

$| = 1;              # この変数を0以外の値にセットするとバッファがフラッシュされ、
                     # printを実行した瞬間に表示される

print "ddd";
sleep(1);
print "eee";
sleep(1);
print "fff";
print "\n";          # 改行を待たずにddd、eee、fffの順に表示する
実行結果(時間差で表示される)
aaabbbccc
dddeeefff


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.