TOP - SGML(Standard Generalized Markup Language) - 属性の指定

属性の指定をする際の書式は次のようになります。

<SAMPLE1 att1="test">
→  < + 共通識別子 + SPACE + 属性名 + vi + lit + 属性値 + lit + >

litの代わりにlitaも使用できますが、開始と終了は同記号としなければなりません。
空の値はlitを二つ並べて表します。

属性名及びviは、その属性に対する宣言値の群の成分の、区切り子でくくっていない名前字句であるならば省略できます。
(例)
属性宣言
<!ATTLIST SAMPLE1
selected    (selected)    #IMPLIED
>

属性指定
<SAMPLE1 selected>


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.