TOP - SGML(Standard Generalized Markup Language) - 出現標識(要素宣言)

出現標識が付いていない限り、ちょうど1度現れなければなりません。
付いている場合は、出現標識の内容にしたがいます。

定義(JIS規格)
出現標識 = opt | plus | rep

(1) opt  : 任意選択(0回又は1回)
(2) plus : 必須の反復(1回以上)
(3) rep  : 任意選択の反復(0回以上)

※内容字句 "#PCDATA" には、出現標識repが付けてあるものとして扱います。
※潜在的に任意選択となっている内容字句は次の扱いとなります。
・出現標識の指定がなければ、opt が付けてあるものとする
・plus の指定があれば rep が付けてあるものとする



Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.