TOP - SGML(Standard Generalized Markup Language) - タグ省略最小化

開始タグと終了タグの省略に関する指定を行います。

定義(JIS規格より)
タグ省略最小化 = 開始タグ最小化, ps+, 終了タグ最小化

開始タグ最小化 = "O" | minus
終了タグ最小化 = "O" | minus

O   : タグの省略を許可
minus : タグの省略を誤りとみなす
例 : http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtdより引用(着色部)
<!ELEMENT HTML O O (%html.content;)    -- document root element -->
この場合、要素型 HTML は、開始、終了タグ共に省略可能条件を満たしていると省略可となります。
省略可能条件は、次の通りです。

[開始・終了共通]
・SGML宣言で "OMITTAG YESと指定してある場合
・タグの省略によってあいまいさが生じない場合

[開始タグ]
・対象となる要素が文脈上必須で、そこに現れ得る他の要素がいずれも任意選択のものである場合
 ただし、属性値の指定が必要であったり、宣言内容がある場合、対象となる要素が空である場合には省略不可

[終了タグ]
・対象となる要素の内容に続いて、その要素には現れ得ない要素の開始タグがくる場合
・対象となる要素の外側の要素の終了タグが直後にくる場合
・要素の内容が "EMPTY" と指定さてれいる場合は、省略が必須


Copyright(C) 2006-2011 CLAYPOT. All Rights Reserved.