TOP - Unix系OS - FreeBSD - head(1)

ファイルの先頭部分を表示します。

head オプション1 ファイルパス1
オプション1(任意)
    -c 値1
        ファイルの先頭から(値1)バイトを表示

    -n 値1
        ファイルの先頭から(値1)行を表示

ファイルパス1
    表示するファイル

※ オプションなどは個人的に重要と考えられるものを記述しており、記載の無いものは、manページや関連書籍などを参照願います。
※ 実行例の記述は、不要と考えられる部分の削除などの修正を行ったものを掲載しています。
※ 実行例の実行環境はFreeBSD 9.1です。

(例)オプション無し
実行結果
$ head /usr/include/stdio.h
/*-
 * Copyright (c) 1990, 1993
 *    The Regents of the University of California.  All rights reserved.
 *
 * This code is derived from software contributed to Berkeley by
 * Chris Torek.
 *
 * Redistribution and use in source and binary forms, with or without
 * modification, are permitted provided that the following conditions
 * are met:

実行結果
$ head -c 100 /usr/include/stdio.h         ← 先頭から100バイト出力
/*-
 * Copyright (c) 1990, 1993
 *    The Regents of the University of California.  All rights reserved

実行結果
$ head -n 5 /usr/include/stdio.h         ← 先頭から5行出力
/*-
 * Copyright (c) 1990, 1993
 *    The Regents of the University of California.  All rights reserved.
 *
 * This code is derived from software contributed to Berkeley by

Copyright(C) 2006-2014 CLAYPOT. All Rights Reserved.