TOP - Unix系OS - FreeBSD - ls(1)

ディレクトリ情報を表示

ls オプション1 パス1
オプション1(任意)
    -l
        詳細を表示
            ・ファイルモード
                  ファイルタイプ(主なもの)
                      -  通常ファイル
                      b  ブロック型特殊ファイル
                      c  キャラクタ型特殊ファイル
                      d  ディレクトリ
                      l  シンボリックリンク
                  アクセス許可

            ・リンク数
            ・所有者
            ・所有グループ
            ・ファイルサイズ
            ・更新日
            ・ファイル名
    -a
        「.」で始まるファイルも表示
    -m
        ファイルをコンマ区切りで出力
    -i
        inode番号を表示
    -n
        所有者、グループを数値で出力
    -R
        ディレクトリを再帰的に表示


パス1(任意)
    情報を表示するディレクトリへのパス

※ オプションなどは個人的に重要と考えられるものを記述しており、記載の無いものは、manページや関連書籍などを参照願います。
※ 実行例の記述は、不要と考えられる部分の削除などの修正を行ったものを掲載しています。
※ 実行例の実行環境はFreeBSD 9.1です。

(例)オプション、ディレクトリ指定なし
$ ls
実行結果
$ ls
test.sh        test.txt    test2.txt

$ ls -l
実行結果
$ ls -l
total 12
-rwxr-xr-x  1 testuser2  testgroup2   6 Nov 25 21:43 test.sh
-rw-r--r--  1 testuser2  testgroup1   5 Nov 25 21:44 test.txt
-rw-r--r--  1 testuser1  testgroup1  10 Nov 25 21:45 test2.txt

$ ls -a
実行結果
$ ls -a
.        ..        test.sh        test.txt    test2.txt

$ ls -m
実行結果
$ ls -m
test.sh, test.txt, test2.txt

実行結果
$ ls -il
total 12
188987 -rwxr-xr-x  1 testuser2  testgroup2   6 Nov 25 21:43 test.sh
188989 -rw-r--r--  1 testuser2  testgroup1   5 Nov 25 21:44 test.txt
188891 -rw-r--r--  1 testuser1  testgroup1  10 Nov 25 21:45 test2.txt

実行結果
$ ls -ln
total 12
-rwxr-xr-x  1 1005  1005   6 Nov 25 21:43 test.sh
-rw-r--r--  1 1005  1004   5 Nov 25 21:44 test.txt
-rw-r--r--  1 1004  1004  10 Nov 25 21:45 test2.txt

実行結果
# ls -Rl
total 4
drwxr-xr-x  3 testuser1  testgroup1  512 Dec 23 09:38 testdir1

./testdir1:
total 4
drwxr-xr-x  3 testuser1  testgroup1  512 Dec 23 09:38 testdir2

./testdir1/testdir2:
total 4
drwxr-xr-x  2 testuser1  testgroup1  512 Dec 23 09:38 testdir3

./testdir1/testdir2/testdir3:
total 0

Copyright(C) 2006-2013 CLAYPOT. All Rights Reserved.