Loose-Info.com
Last Update 2021/12/28
TOP - 各種テスト - gcc

オプション一覧 タイプ別へ



ファイルからコマンドラインオプションの読み込みを実行
英数字または./-_のみが含まれている場合を除き、引数が引用符で囲まれる以外は-vオプションと同様の出力。コマンドは実行されない
-C
前処理の際にコメントを破棄しない
マクロ名を「1」として定義
マクロ名定義内容として定義
-E
プリプロセス実行後に停止
-H
使用されているヘッダファイルの一覧を出力
-I ディレクトリ (-iquote、-isystem、-idirafter)
前処理の際にヘッダファイルを検索するリストにディレクトリを追加
-lオプションで検索するディレクトリのリストに、ディレクトリを追加
-M
-Eオプションと異なり、前処理の結果ではなく、メインのソースファイルの依存関係をmakeのルール形式で出力
-MD
-Mオプションと同様の依存関係出力をファイルに対して実施
ソースファイルの依存関係を出力するオプションの出力先をファイル名で指定
-MG
-M、-MMオプション使用時に、ヘッダファイルが存在しない場合でもエラー無しで依存関係リストを出力
-MM
-Mオプションと同様、メインのソースファイルの依存関係をmakeのルール形式で出力
(システムヘッダディレクトリ内のファイルやそれに関連するファイルを含まない)
-MMオプションと同様の依存関係出力をファイルに対して実施
(システムヘッダディレクトリ内のファイルやそれに関連するファイルを含まない)
-S
ソースファイルのコンパイルまでを実行
ビルトインまたは-Dオプションで定義されたマクロ(マクロ名)を取り消す
オプションをリンカに渡す
言語標準をANSI C (ISO C90)としてコンパイル
翻訳単位内で宣言・定義された全ての関数のプロトタイプ宣言をファイルに出力
-c
ソースファイルのコンパイルおよびアセンブルまでを実行
-d文字 (プリプロセッサ関連)
デバッグ用のダンプを作成
名前付き引数の無い可変個引数関数の有効化
メッセージに色を使用。WHENにより色使用時を指定
fix-itのヒントをdiff形式で標準エラーに出力
機械的に解析可能なフォーマットのfix-itヒントを出力
エラーメッセージのソース内位置情報を出力指定により制御
処理対象ファイルの前処理済みである場合に使用
エラーメッセージをn文字程度の行に収める
asm、inline、typeofをキーワードから除外。
__asm__、__inline__、 __typeof__で代用可能
接頭辞が __builtin_ で始まらない組み込み関数の認識を無効化
関数で指定した接頭辞が __builtin_ で始まらない組み込み関数の認識を無効化
メッセージに色を使用しない
診断箇所の行と列を示すキャレット「^」を出力しない
デフォルトで付加される診断を制御するコマンドラインオプションを示すテキストを出力しない
診断メッセージに列番号を出力しない
char型をsigned charと同様に符号有りの型とする
構造体と共用体のメンバのデフォルトのバイトオーダをエンディアンに設定
ビットフィールドを符号無しの型とする
(宣言がsignedまたはunsignedのどちらも使用しない場合)
ビットフィールドを符号付きの型とする
(宣言がsignedまたはunsignedのどちらも使用しない場合)
char型をunsigned charと同様に符号無しの型とする
-includeのようにインクルードはせずにマクロを取得
1行目への#include "ファイル名" の記述と同等の処理を実施
-iwithprefixオプションの接頭辞として接頭辞を指定
ヘッダファイルのルートディレクトリとしてディレクトリを使用
-iwithprefix ディレクトリ名 (-iwithprefixbefore)
-iprefixオプションで指定した接頭辞に ディレクトリ名を追加したディレクトリをインクルード検索パスに追加
リンク時にライブラリを検索
ヘッダファイルを標準的なシステムディレクトリで検索しない
-o
出力ファイル名の指定
コンパイルの各段階の通信に、一時ファイルではなくパイプを使用
他のオブジェクトとリンクして実行ファイルを作成可能な共有オブジェクトを生成
コンパイラが標準のspecファイルを読み込んだ後に、ファイルを処理
言語標準を言語標準としてコンパイル
ヘッダやライブラリのルートディレクトリとしてディレクトリを使用
トライグラフを使用可能とする
システム固有やGCC固有のマクロを事前に定義しない
-v
コンパイル過程の実行コマンド・関連情報(バージョン番号)などを表示
全てのサブコマンドの呼び出しにラッパープログラムを使用
-x
コンパイラへ供給するファイルの言語を明示的に指定
コマンドラインオプションの説明を標準出力に出力。
各ツールのターゲットを特定したコマンドラインオプションの説明を(標準出力に)出力
呼び出されたGCCのバージョン番号と著作権を表示